お知らせ&コラム

私はこうなりたいと思うと本当にそうなるという話を、著名な遺伝学者や医師が言っていました。本当らしいです。

2017.01.22

先週末参加した勉強会で聞きました。

 

この勉強会で使う本の中に有名な精神科医と遺伝学者の話が載っていました。

 

お二人の話に共通した点がありました。

 

「脳は自分で考えられない、心の思った事を実現させるための道具なのだ。」そうです

 

 

エッ、脳は考えられないのか?何それ?

 

DSC_0777

 

大事なのは心の在り方なんだそうです。でも脳の能力は一生衰えないそうです。良かった。

 

 

また脳は人称を判断できないそうです。

 

 

私の事、あなたの事、あの人の事が分からない、だから「あなたの事でも自分の事、あの人の事も自分の事」、みんな自分の事と混同しまくるそうです。

 

脳は人称の判断ができないので「あの人はダメだ!」などと言いつづけると「ダメだ!」の部分が強く刻まれてしまうらしいです。

 

言霊信仰は正しいです。

 

諺に「人を呪わば穴(墓穴)二つ(掘れ)」というのがあります。聞いた事ありませんか?

 

これはもしかしたら、昔の人はものすごく鋭っくて、脳があの人、わたし、あなたが区別できない事を知っていて、人を呪っても脳は誰が対象か分からないので結局自分も自分に呪われてしまう。という事を言った諺かもしれませんね。

 

 

失敗する人、うまく行かない人は、その人の脳が最初から「私はダメだ、失敗する。」と思い込んでいるからそうなるのでしょうね。

 

常にネガティブな見方をする人は必ずうまくいかないそうです。

 

「口は災いの元」もこの事を言っているのかもしれませんね。

 

逆に「私って最高!」と言い続けると本当に脳が誤解して「自分は最高なんだ!」と考え行動するそうです。

 

結果殆どの事がうまく行くそうです。

 

スポーツ選手が、試合の前に勝をイメージする事は脳の科学からいうと本当に正しいのですね。

 

 

そうなると私たちは、うまく行くかダメかなのは自分で選んでいるという事ですね。

そしてもうスタートする前から結果が決まってしまうのですね。

 

これって自分の人生をうまく行かせるためのキーポイントですね。

 

 

この日の勉強会には、ご自身が以前アルコール依存症でそこから回復した作家の方がいました。「口癖で人生が好転した。」とおっしゃっていました。

 

「口ぐせだけですべてが変わる」という本を出していますので興味のある方は読んでみてください。とても読みやすく力が湧いてくる本です。

 

51LAIuPGKwL._SX339_BO1,204,203,200_

 

脳は心の命令通りうごくので、口ぐせを心の命令と信じてしまうのですね。

 

これは、先の精神科医の方の文にあったのですが、理由が無くても「今日は最高!」と心に気持ちよく響く言葉を発すると、気持ち良くなり前向きになるホルモンがたくさんでるそうです

 

私たちの体はそうなっているらしいです。

 

課題図書の中に宝塚のスターだった人の事も紹介されていました。

 

その方が宝塚の新入生の時に指導教官から言われたそうです。

 

「・・さん、美しくなりたいのであれば、美しい言葉を使いなさい。内面から自然に洗練され、自然に美しくなります。外面を作っても醜さは顔の隅々からでます。」

 

それを聴いて、守っていたら、ずっと運が好転し続けたそうです。

多分ご自分で「美しくなった。」とは言いにくいので「運が好転した。」と言ったのでしょう。

 

でもいい言葉を使い続けると美人になるのは事実なんでしょうね。

 

脳を上手く制御するとあなたの人生は劇的によくなると思います。

 

社会環境やあなたの周囲の環境は、あなたの美しさにも運にも関係がないと思います。

あなたの心の在り方だけがあなたの人生に影響すると思います。

 

心の奥で、自分にも人にも知られずに「私って最高!」と思っていても、あなたの脳は深くは影響されないと思います。あなたの耳から「私って最高!」という言葉を毎日聴かせましょう。

 

精神科医や遺伝学者、女優さんや作家の方が異口同音に「私ってすごい!」と口に出し、耳に聴かせる事が、素晴らしい人生を送る秘訣と言っています。

 

人生に画期的な方法はありません。

 

思いを口に出しましょう。人にも自分にもその思いを耳から聴いて貰いましょう。

 

これだけでなりたい自分になれます。

 

ああまんぷく堂では「なりたい自分」は「毎日がウキウキで過ごしている自分」と規定しています。

 

あなたも「毎日がウキウキで過ごしている自分」になってみませんか。

 

 

セッションを申し込む


TOPへ戻る