お知らせ&コラム

嘘つき村2019年1月13日開催:自分に自信が無い人が自信をつけるにはどうすればいいのか?

2018.11.23

自己肯定感が低い人は自分に自信をもちにくいですね。

 

自己肯定感の低さはあなたのどんなところから出てくるのでしょうか?

 

☆容姿がわるいと感じている

☆貧乏だと感じている

☆話が上手でないと感じている

☆人に嫌われていると感じている

☆小さい時の生育環境が悪いと感じている

☆学歴が低いと感じている

☆何をやってもうまく行かないと感じている

☆自分の悪いところしか目につかない

 

人毎に違いはあります。大体こんな事が原因ではないでしょうか?

 

 

ではどうやって自己肯定感を低くしている自分を変える事ができるのでしょうか?

 

人に聴いてもらうのが一番です。

 

ただ聴いてもらうのではなく、

積極的に自分対して持っている負の部分を表現するのです。

 

 

この表現するというはただ話すだけではありません。

 

まず深層心理の底にある、あなたの自信を失わせる事について深く考えてみます。

 

恐れ、劣等感、思い込み、虐待・・・色々出てくると思います

 

それについて「ああ私はそうなんだ・・」と思いながら瞑想します

 

内観ともいわれている場合もあります。

 

名前はなんでもいいです、同じ事ですから。

 

 

自分の見たくない部分を直視します。これがとても重要です。

 

自己否定の大きさを知るのです。

 

あなたが自信の無いのは、大きさの分からない自己否定に恐れおののいているからです。

 

 

 

 

次は、その瞑想で感じた気持ち、瞑想で分かった事を表現します

 

大事なのは包み隠さずに出すということです

 

隠すと、がん細胞の様にそこからまた自己否定は再発してきます

 

 

話すでは無く表現すると言いました

 

話すだけだといつもと一緒で脳に変化は起こりにくいです

 

 

 

当然一人ではできません、数人くらいのグループで行います

 

お互いに手を握ってもいいし、肩をもんでもらいながらでもいいですす

 

お互いに触れ合いながら表現します

 

この触れ合う行為がとても重要なんです

(ああ問題の無い程度に触れるだけです。)

 

 

 

これであなたに何が影響をあたえているのかハッキリします

 

 

でもこれだけでは、あなたの自己肯定感は高まりません

 

 

 

次にすることが大切です

 

どんな風に生きたいのか?

 

そして

 

どんな夢を実現したいのか?

 

未来を描くのです

 

これがハッキリするまで、どんどん未来を語ります。

 

その時も表現する事が大事なポイントになります。

 

自己否定の強い時は、過去にだけ影響されているという特徴があります。

そこに明るい未来を入れ込むと、自己肯定感があがります。

明日は楽しそう!・・・これが最高の自己肯定です。

 

 

話すだけでは自己否定する癖は直りません。

 

 

しかし表現する行為は、他の人からの意見やアドバイスを受け入れる事に躊躇しません。

 

よりよく表現したいという行為があるので、人の意見もすっと体に入ってきます。

 

 

 

また自分では決して出ないような考えをもらえます。

 

これを続けていけば、今までと全く違った自分が生まれてきます。

 

 

 

自己否定はあなたの考え方の癖にすぎません。

 

癖は意識し、直す行為を繰り返せば変える事ができます。

 

 

 

自己否定の癖でもいい面もあります。

 

あなたが本当に影響をうける所がわかります。

 

そこで自信を持つなにかをすればいいのです。

 

自分にとって大事な部分がハッキリわかります。

 

 

嘘つき村はこんなあなたになれるセミナーです

06-6210-6333

 

セッションを申し込む


TOPへ戻る