お知らせ&コラム

三日坊主応援隊(ああまんぷく堂)でやっている事とキーワード

2016.12.17

〇キーワードは「持続できる」と「ワクワクする」です。


七つの習慣、ピンチはチャンス、苦難福門、継続は力なり、やりなはれ、チーズは何処に行った、など啓発系のベストセラーがいっぱいあります。

 

全部「続けなさい」を色々な言い回しで言っています。続けると成功するよ、色々難しい事はあっても続けようと励ましています。

 

ですから読むとその気になります。励ましてくれているからその気にたとえ一瞬でもなりますね。

 

続ける秘訣はなんと言ってもワクワク感です。恐怖感から続ける事は可能ですが、強制が要りますね。多分ブラック職場はこれなんでしょうね。恐怖観念を持続の土台にしてしまっている事が世の中には多いのも事実ですね。でもつまらないですね。

 

ワクワク感を高めた方が楽しくて楽(らく)で、成果も大きいと思います。

 

ああまんぷく堂のコンセプトは「ワクワク感でずっと続ける」です。

 

日本に昔からあるお稽古事はワクワク感を刺激して続けるノウハウの宝庫ですから、ああまんぷく堂は「お稽古」を採用しています。

 

↓ああまんぷく堂のお稽古場風景です。意外と広く20人は入れます。左側にもフロアがあります。お稽古の時は椅子とテーブルはどかします。

img_4989


〇お稽古

三日坊主応援隊でする事は「割り稽古4つと総稽古1つ」です。

 

割り稽古1:肚落とし (はらおとし)

 

まず、ワクワク感を思い切り引き出します。もうこれに尽きます。

「こうなりたい」というあなたの思いをおもい切り高め、ストーンと肚(はら)に落とします。この肚落としの方法がああまんぷく堂のノウハウです。

これが最初に行う楽しい割り稽古です。「肚落とし」と呼んでいます。

 

割り稽古2:岡目八目(おかめはちもく)

現状を分析します。これは他人事の様に分析しましょうという時間です。

肚落としは無条件に楽しいのですが、現状分析は「ダメな自分」を強調してしまう危険性があるので、徹底的に他人事としてやります。

江戸時代の人は他人の事は良くわかるという事実を粋に表現しています。「岡目八目」と呼んでいます、だれがつけたのでしょう、本当にぴったりで素晴らしい。この「岡目八目」の分析方法がああまんぷく堂のノウハウです。

 

割り稽古3:あの時の傍観者

 

肚落としでき、岡目八目で不足部分もわかりました。その次は逃げてはいけません。そんな状態になったのは、どんな傍観者があなたの中にいたからかを出します。

これは避けては通れない部分ですが、肚落とし、岡目八目を通ってくると「自分のここが傍観者だった。当事者じゃなかった。」と素直に認める事ができます。素直に認める事ができれば責め心がでません。的確に問題行動の洗い出しができます。負い目を持たない視点で問題を指摘できるのが味噌です。このやり方もああまんぷく堂のノウハウです。

 

割り稽古4:これからの私

 

読んで字のごとくですが、ワクワクして続けるために何をするのか、どうするのか、いつするのか、魚釣りの魚拓と一緒で確認者は誰にするのか、ヘタった時にどうサポートしてもらうかなどを決めます。ポイントはだれとタッグを組んで、だれに依存するかです。依存が大事で自分一人でやってはいけませんがミソです。

今までもやる事については頭で分っていたはずだと思います。ここで挙げたやる事もそれほど目当たらしい事は無いと思います。

目新しいのは、誰かと組んで、他の人に達成を依存するというノウハウです。一人では出来ない事でも、誰かと組んでやるとできます。簡単そうで多くの人ができない神技なんです。この神業もああまんぷく堂のノウハウです。

 

総稽古:おさらい

 

割り稽古は組を組んで行いますが、組んでくれた人があなたの「肚落とし」した未来像を語ります。割り稽古で深く知ってくれた誰かが自分の未来を自分以上に「こうなる」という確信で語ります。私たちは人前では、相手をこき下ろすより、褒めたりする方を好みます。ここではその人間心理を利用しています。また自分の制限がかからない分、効果絶大です。それを参加者が全員「そうだ!」と思って聴きますのでその陽の氣の影響は計り知れません。

このやり方もああまんぷく堂のノウハウです。

 

§大切なポイント

1)割り稽古1~4、総稽古は毎回同じ様に行います。何回も繰り返していくと練達度を増していきます。1回より2回、2回より3回とやる気が続くエネルギーを注ぎます。

 

2)これからの私で決めた事は、基本的に毎日は実行しません。大体週2回~3回の実施を目安にします。義務として毎日しなければならない事を決めるのは基本的に禁止です。義務感は挫折を生みます、義務感が継続の最大の障害です。私たちの脳は義務感を嫌がります、「毎日しなければならない。」は義務感を生みますので、脳がやる気を失って結局失敗します。ですので義務感を感じるなら毎日はやるなという事です。

 

3)「ワクワクして続ける」がお稽古のコンセプトです。気に入っているから習慣化します。気に入っていることをする時は意識するしないは別としてワクワクしています。ですので習慣化したら毎日やって結構です。義務感の無い事は毎日でもやって結構です。三日坊主応援隊の本当の到達点は習慣化です。

 

4)三日坊主応援隊で参加者に絶対必要なスキルがあります。「傾聴力」です。これが無いと割り稽古1~4はできません。そのため各割り稽古の前にどう聴いたら相手の気持ちを深く聴けるか、その方法のミニ演習を行います。あれもこれもだと身に尽きませんので、各割り稽古に一つ二つです。これは日常生活でも、あなたを聴き上手にしてくれます。「傾聴力」は三日坊主応援隊で得られる副産物で、他で習うとかなりのお金と時間が必要になるのですがお得感満載の優れ技です。

 

 

§三日坊主すごろく

ご自分の三日坊主すごろくを作ります。割り稽古をやりながら、ワクワクしながらつくってもらいます。これをいつでも見直すとやる気がまたまた復活するというグッズです。これからの自分のチャートになります。自分の航路を常にハッキリさせます。色々な灯台も作っていきます。障害の浅瀬や、寄港地なども考えます。

 

詳細は、オリジナルなんでいらっしゃった方だけにお見せし差し上げています。

写真などはご容赦させてもらっています。(ちょっとケチ!ですがここは商売気がありすぎと許してください。)

 

↓ライトを消した午後のお稽古場です。暗そうですが、瞑想にはピッタリの暗さです。上の写真の反対側風景です。

dsc_0024


〇なぜ義務感で毎日継続していはいけないのか

 

毎日は辛いですね。「だから止めておきましょう。」なんですが根拠があるのです。本当にああまんぷく堂は根拠ある事を土台につくられているのですよ。

 

デサントのマラソンを練習している人へのアンケートで、毎日練習した人が1年後まで継続できたのは4人に1人だけだったそうです。ところが週2~3回練習の人は2人に1人が1年後まで続けていたそうです。マラソンの練習は過酷なので、一挙に突き詰める人は体と心が持たないそうです。だから75%の人が挫折するのですね。こんな人は、挫折が早く半年以内に止める頻度も高かったそうです。毎日継続できる人は、常人では無かったのです。基準にしてはいけません。

 

あなたが三日坊主で終わった事も実は過酷な事が多く、突き詰めすぎると必ず失敗します。成功のポイントは「楽しみながらできる。」事は本当なのです。

 

三日坊主応援隊の目指す所は習慣化です。その習慣化に至ったという判定基準が1年継続できたかどうかなのです。1年やれば、「私ってエライ!」となりますし、あらたな次の1年も楽しく始める事ができます。ああまんぷく堂は本当に人間心理を十分理解して根拠に基づいてつくっています。

 

ですので「毎日」は禁止事項にしています。

 

ある事を大体毎日継続ができる人は三日坊主になりません。ある事を毎日続ける事が出来ない人がそれを義務感で追う事が間違いなのです。また出来ない事に罪悪感を持つ必要もありません。あなたには簡単にできる事であっても、他の人には出来ない事も沢山あります。

 

あなたが簡単にできる事は無意識に行い、簡単に出来ない事は三日坊主応援隊にゆだねればいいと思います。さっきも言いましたがその先になりたい自分が居ます。

 

誰でも何か無意識に続けている習慣がありますので、三日坊主応援隊ではここを目指しています。

習慣化の先が「なりたい自分」であればこんな楽しい人生はありません。

 

↓オリジナルの収納棚です。写真も良いのですが、実物は見た瞬間「これいいー!」と思えます。破格の低価格で部屋にピッタリのを作ってもらいました。

dsc_0253


 

〇主催者からのレター

三日坊主応援隊は始めたばかりで12月22日の応募の方はまだおりませんが、「大変だ!どうしよう。」などとは思っていません。

 

縁が繫ぐものとおもっています。

 

それに三日坊主応援隊が三日坊主で終わったらシャレにもなりませんのでずっと続けていきます。

 

ああまんぷく堂は始めたばかりで、今は「存在と技とクライアントさんが得る価値」に信用を作る段階だと思います。

 

ご興味がある方でも、今の段階は「ああまんぷく堂って信頼していいの?」と思われるのが当然な時期だと思います。ずっと情報を発信し続けるのは「クライアントさんにもっと知っていただき、信頼を作る一助にできれば」との考えからです。

 

これも「ワクワクして続ける」そのものですね。

 

ああまんぷく堂の様な仕事は、普通の商売以上にクライアントさんとの相性が大切ですので、相性の会う方にもっと知って頂くのが大事だと思い発信しています。

 

やはり縁です。

 

今回は「ダイエット」に絞りましたが、三日坊主応援隊では今後も対象を複数に広げていきますのでよろしくお願いいたします。

 

↓まんぷくポーズです。これをやると現状改善が上手くいきます。よかったら試してみてください。「今、心がザワザワしている。」という時にしてみて下さい。

dsc_0507

 

 

 

 

 

セッションを申し込む


TOPへ戻る