お知らせ&コラム

シングルマザー向けの「一生好きな仕事で食べていける人生を手に入れる起業セミナー」をスタートします

2017.06.23

「男がシングルマザーの起業支援!違和感やわー!」

 

と何人かの女性に言われました。でも起業の分野では男女間差も年齢差も無くなっています。

 

私の実体験を元に始めています。

 

◎現実

求職の現場では特別な技能の無い男性55歳以上、低学歴で未熟練な若者、特別な技能の無い女性は同じカテゴリーです。

 

男女差、年齢の差無しで高い給与・高い福利厚生の正規雇用からは門前払いです。

 

ああまんぷく堂を立ち上げる前の1年求職をしていましたがこの境遇でした。

 

1045

 

 

◎動機

 

同じ境遇の中間の起業支援をしたいという事です。

 

 

では、なぜシングルマザーなのか。

 

 

§子供がいるから

 

親の収入が子供の教育を決めると調査結果が出ているが高い収入があれば子供の進学希望が全てかなえられ、子供と日本の未来が広がる。

 

 

§私に2人の娘がいるから

 

彼女達が同じ境遇になった時に困らない社会を作っておきたい。

 

 

§少子高齢化は女性の活躍する時代だから

 

これからの日本は女性の役割が大きくなり女性の職業の広がりが強く期待される

 

 

中高年、若者、女性のカテゴリーは私が勝手に作ったのではありません。

 

公的融資の条件カテゴリーなのです。

 

「この人たちは、高い給料で正規雇用される可能性は非常に低い、自力で起業してもらうしか収入アップは望めない。そのため資金支援する。」と国が暗に認めていますし、私も実体験者でした。

 

 

私はこの制度を活用して「ああまんぷく堂」を起業しました。

 

その経験を活かせばシングルマザーの具体的な起業支援ができると考えました。

 

そのため「シングルマザーが起業し、一生好きな仕事で食べれて、子供が希望どおり進学できる、経済的な成功を手に入れる」ためのサポートを始めました。

 

 

◎起業の三つのポイント

 

1046

 

 

起業のポイントは「資金調達」、「(手助けしてくれたり顧客になってもらえる)人脈作り」、「何を起業するか」です。

 

 

私は58歳で前職を辞めました。当所は前職の経験を生かして再就職希望でしたがここで「55歳の関門」を体験しました。

 

 

外資系企業の教育担当管理職でしたが他社の教育部門や営業部門からは求職はありませんでした。

 

32年間の経歴が生きない、これが現実でした。

 

 

ただハローワークやR社の就職支援の経験は、奇跡かと思えるくらい良い体験でした。

 

 

ここで公的起業サポートの事を詳しく知りました。本当にバカにできないレベルです。

 

この過程で「資金、人脈、何をするか」が具体的になったら誰でも起業できると確信しました。

 

◎ああまんぷく堂の起業セミナー

私は今まで「起業塾」や「起業セミナー」でかなり学びましたが”確実に起業につながるセミナー”は皆無でした。

 

結局「自力で行け」ばかりで役に立たない・・これが実感です。

 

1045

 

役に立たない理由は、「気づき重視」の自己啓発セミナーなってしまっていたからです

 

また内容も講師視点の体験談が殆どで、受講者視点では無かったです。

 

受講者の起業を絶対担保するとなれば違っていたでしょう

 

 

ああまんぷく堂の起業支援セミナーは、自己啓発を排して具体的な起業を担保する内容です。

 

特に「自分は本気で何を起業するのか。」を重視しています。”その気になれば”誰でも成功できます。

 

 

 

◎「一生好きな仕事で食べていける経済的成功を手に入れる、シングルマザー向け起業セミナー」

 

あなたが「確実に起業でき、2年で黒字化できる」を手に入れるセミナーです。

 

9月開講の予定です、ご期待ください。

 

また詳細を掲載していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セッションを申し込む


TOPへ戻る