お知らせ&コラム

あれほどグチっていたのに、言わなくなりました

2016.12.23

今日はBさんのお話です。

 

Bさんは、以前働いていた職場の上司に強い不満をかかえていました。

 

その時の体験がまだ尾を引いていました。本当に悔しそうな感じです。

(体験の具体的な内容は、Bさんの詳細につながりますので割愛させていただいきます。)

 

 

 

Bさんは、まんぷくセッションで毎回以前の職場への不満ばかり口にしていました。

 

とらわれたまま引きづっている感じです。それに過去を後悔しているようにも感じました。

 

 

まんぷくセッションでは毎回同じ話題でも真剣に聴きます。

 

毎回同じ話題に見えても、Bさんの心は毎回変化していあます。そこに目を向けています。

 

今、持っているその気持ちを、好きなだけ出してもらいました。

 

 

 

何回もそんなまんぷくセッションを続けました。

 

すると相変わらず不満は出ていましたが明らかに怒りの感情が弱くなってきています

 

他の話題も出てきだしました。

 

 

ある気持ちを何回も口に出すと、だんだん心の中ではその感情に対する新鮮さが失われてきます。

 

口に出す回数が多くなると脳は新鮮味を感じなくなるみたいです。脳の浄化作用ですね。

 

 

逆に口に出さないでずっとその事を思い続けていると、脳はその感情に新しい妄想を継ぎ足して

 

しまい、その新鮮さがずっと失われないのでとらわれた状態が続きます。脳の執着作用です。

 

 

マイナスな感情を口に出し続けるとそれにとらわれてしまいそうですが、実際は正反対で

 

口に出さない方がとらわれから逃げられません。

 

 

さて上司への不満をたくさんグチったのでBさんもその感情に飽きてきたのでしょう。

 

ご自分のコミュニケーションにも問題があった事も受け入れたみたいです。

 

コミュニケーションスキルをどこかで習っておけばよかったと話していました。

 

 

あの時、不満の感情をだまって呑み込まずに、素直に上司に話してみたら、たとえ結果が同じでも

 

ここまで引きづったりはしなかったかもしれないとも仰っていました。

 

 

そうできなかった自分をどこかで責めていたのでしょうね。それはまんぷくセッションの随所で感じました。

 

しかし、今はとらわれていた感情から離れる事ができました。

 

 

最近のBさんとのまんぷくセッションは、これからの事について話す事が殆どで、以前のような職場への

 

不満は全くといっていいほどでてきません。

 

 

Bさんは変化できた事によってワクワクする気持ちが高まっていると仰っていました。

 

表情も若々しさが増し一緒にいて楽しくなります。

 


 

「口に出して聴いて貰うという行為は想像以上に気持ちを楽にして、前向きなあなたを作ってくれます。」

 

新大阪のああまんぷくセッションで自信をつける!楽しく行える四季占いであなたの今を鑑定!して恋愛相談・仕事運アップや人間関係を向上させましょう

 

 

 

 

 

 

 

セッションを申し込む


TOPへ戻る